不動産売却時の固定資産税の支払いは?

不動産売却j時の固定資産税の支払い

 

不動産の売却に際し、意外と忘れてしまっているのが、固定資産税についてです。
売買時には特に問題がないため、何も考えていないという方も多いのではないでしょうか?

 

固定資産税の支払いはどうすればよいのか?わかりやすくまとめてみました。

 

固定資産税の発生日

固定資産税の支払い義務が生じる日はご存知でしょうか?
これは、毎年1月1日に不動産を保有している方へ、支払い義務が生じます。

 

つまり、12月31日までに売却をしていれば、翌年の固定資産税は課税されないことになります。
逆に、1月2日に売却をした場合は丸1年分課税されます。

 

車を所有している方はご存知かと思いますが、自動車税の場合は購入月からの月割りになり、満額を支払う必要はありません(購入月によって異なる)。
しかし固定資産税の場合は、月割りという制度がなく、1月1日に所有している方へ1年分満額が課税されるんです。
そのため、理想的には12月中に売却するのが最もお得ということになりますね。

 

ただそれだと、売却後にもその不動産の固定資産税を支払わなくてはならず、どうも納得いかない状態になってしまいます。
固定資産税は年4回に分けて支払いますが、最後の支払いは翌年の2月となり、売却後ずいぶん経ってからも支払いをしなくてはいけません。

 

そのため、不動産の売買時には固定資産税の清算を行うのが通例となっているんです。


固定資産税の清算

 

不動産の売却時に、売主と買主の間で行われるのが、固定資産税の清算です。
普通は不動産会社が間に入り売却の仲介をしてもらうと思いますが、その売買契約の際、双方で納得の上で行われます。

 

例えば、固定資産税の年額が12万円とします。
不動産の売却(引き渡し)が5月31日となった場合、12月31日まで7カ月あります。

 

12万円÷12カ月=1万円 
1万円×7カ月=7万円

 

この7万円を購入者に支払ってもらいます。
これが固定資産税の清算です。

 

これはあくまで例で、完全に日単位で細かく計算する場合もありますし、月単位で計算する場合もあるようです。

 

当然ですが、支払い義務は売主にあるので、その後も翌年の2月分までは売主が固定資産税の支払いは行います。
清算をすればその分のお金を買主から頂けるので、その後の支払いに充てれば問題ありませんね。


不動産業者によって対応が違う

この清算ですが、必ずしも行わなくてはいけないというものではありません。
計算が面倒ですし、細かい金額などで売主と買主がトラブルになる可能性もあります。

 

そのため、中には清算を行わない(言ってくれない)不動産会社もあります。
「とにかくシンプルに不動産の売買のみ」、「何もかも含めての金額」、このほうが不要なトラブルを避けられるのは確かですしね。

 

もしどうしても納得がいかない、しっかりと清算をしてほしいという場合は、不動産会社に相談されることをおすすめします。
ちなみに私の場合は、以前購入した際は全く触れられず、今回の売却に関しては、不動産会社から媒介契約時に説明されました。

 

不動産会社によって対応が違うようなので、詳しくは聞いてみるのが間違いないと思います。

 

 

体験談です→イエウールで査定してみた


page top